整理整頓しやすい!DVDに保存

写真をDVDに保存するメリット

DVDは大容量なので、写真を大量に保存したい場合や高画質で保存したい時に最適です。一見するとCDと似ていますが、DVDはCDに比べて約7倍の容量があります。写真のサイズや枚数によるものの、数百枚程度は保存が可能です。しかもDVDは薄くてコンパクトなので、保管するのに場所を取らず、整理整頓しやすいです。そのうえ自然劣化が殆どないため、傷をつけなければ半永久的に使えると言われています。湿気や埃にも強くて丈夫です。パソコンで書き込み用のアプリケーションを使用すれば、DVDへのデータの書き込みや消去が簡単にできるのもメリットです。このように、寿命や劣化のリスクが少なく、大量かつ高画質で保存できるので、DVDは特別な写真の保存先に向いています。

写真をDVDに保存する方法2つ

パソコンに保存してある写真をDVDに残すには、データ形式で書き込む方法とスライドショー形式で書き込む方法の2種類あります。パソコンが故障して写真が見れなくなった時のためにバックアップとして保存するなら、パソコンに保存してある写真をそのままデータ形式で書き込むと良いでしょう。もしもイベントなどで使用する予定があったり、誰かにプレゼントするのであれば、写真と音楽ファイルを組み合わせてスライドショー形式で書き込むのがおすすめです。思い出の写真に好きな音楽をつけて保存できるので、みんなで見る時には特に喜ばれるでしょう。会社のプレゼンに活用すると、説得力のあるアピールになります。書き込んだDVDはパソコンだけでなく、家庭用のDVD・BDプレーヤーでも再生可能です。