自由にレイアウトできる!自分で作る

その場で直接レイアウト!手作りだからオリジナル

写真を残そうと思った時、アプリ等を使って残すこともできますが、アルバム作りの醍醐味は何といっても手作りでしょう。それは、その場で直接、自分の目と手を使ってイメージ通りの配置ができるからです。旅行、イベント、家族、趣味等、色々なジャンルの写真を見ながら、台紙のどこにどんな大きさ、どんな形で置こうかな、とワクワクしながら作れます。アルバム自体にも様々な形や素材の物がありますし、写真に添えるキャプションやコメント等のカードやシール、はさめる程度の思い出のグッズ等を使って、思い通りのレイアウトで自由に作成できます。自分の手で直接作るからこそ、目の前で微妙な配置の修正や追加もできます。世界に一つだけしかないオリジナルなアルバムを作って、大事な写真を残しましょう。

そろえよう!手作りアルバムの基本材料

手作りアルバムはすぐ手元で見られ、また、開いて皆と一緒に思い出を楽しむこともできます。そんなことを考えながらコツコツ作る作業は楽しいものです。では、どんな材料を使って作ればいいのでしょう。まずはアルバム本体と思い出の写真。アルバムを彩るデコレーショングッズとして、百円均一等でも様々な種類のあるフレークシールやマスキングテープ。写真をそのまま貼るのは味気ないので、色紙や色画用紙等を写真の下に敷くと華やかになります。道具としては、はさみやカッター、カッター版、定規。のりはスティックタイプかテープのりがお勧めです。ペンは写真の上から書ける物だとポップ調に仕上がります。コメント用のペンは速乾性の物が安心です。作り始めてから材料が不足して中断するのはもどかしいので、先にそろえておきましょう。ただ、工夫次第で手持ちの物を上手くアレンジすれば、さらにオリジナリティのあるアルバムができますよ。